スポンサーリンク

最低限のアイテムで。ゆるミニマリスト大学生の毎日メイク(ブルべ夏) コスパ高めのプチプラ揃い

ミニマルな暮らし

プチプラからデパコスまでメイクアイテムの数は無限大。
自分に合うコスメを見つけるのはなかなか難しいですよね。

私もコスメ選びが迷走し大量のお金を費やした時期がありましたが、今では6種類8アイテムの「2軍無し毎日メイク」が完成しています。

テーマは「安い、シンプル、お気に入り」

自分には必要が無いと感じるアイテムは定番商品でも手放し、必要最低限かつ本当にお気に入りのアイテムだけで毎日メイクをしています。
 

シンプルでミニマルなメイクの具体的な内容と、そのメリットについてご紹介します。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
ごまふ

摂食障害&大学休学経験の21歳
暮らしも思考もミニマルにして生きやすさを模索する日々
読書とカフェ、ライフスタイル系の情報収集が大好き

ごまふをフォローする

ゆるミニマリスト大学生の毎日メイク一覧

全部並べてみると、毎日メイクで使用しているアイテムは6種類8アイテムでした。(基礎化粧品、日焼け止め除く)

以下、それぞれアイテム別にご紹介します。

 

ベースメイク

  • 下地:FASIO エアリーステイマイルドUV
     
  • フェイスパウダー:Chacott フィニッシングパウダー マット ナチュラル
     
  • コンシーラー:無印良品 コンシーラースティックタイプ ナチュラル

ベースメイクは、ファンデーションを使わずこちらの3点のみで済ませています。

以前はファンデーションも着けていましたが、2年ほど前から使わなくなりました。

理由は脂性肌タイプで、ファンデーションを付けると数時間後にはヨレや崩れがでてかえって汚くなってしまうから。
 

ファシオの下地とチャコットのフェイスパウダーだけなら厚塗り感がなく自然に肌に密着するので、マスクで蒸れても崩れにくいんです。

 

そして目元のクマやニキビなど、気になる部分には無印のコンシーラーを使ってカバー。

その魅力やカバー力についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

 

アイメイク

続いてはアイメイクです。

パーソナルカラーはブルべ夏タイプのため、赤みのあるピンク系のアイテムを使用しています。

アイブロウ

  • 眉マスカラ:ettusais(エテュセ) アイエディション ブロウマスカラ 04
     
  • アイブロウ:KATE デザイニングアイブロウ EX-6 レッドブラウン系

眉はペンシルやリキッドを使わず、マスカラで色を付け、KATEのパウダーで隙間を埋めるだけ。

ただ、エテュセの眉マスカラはブラシの先端が小さく、太くて短い私の眉の毛質ではやや使いにくさを感じています。

色がすごく可愛いのでちょっと残念ですが…使い終えたら別のものに変える予定です。
 

ちなみに、眉にピンク系やオリーブ系のカラーを使うとグッと垢抜けてみえます

KATEのデザイニングアイブロウシリーズはカラー展開も豊富なので、もっておくと日々のメイクに彩をプラスできますよ。

 

 

アイシャドウ

  • excel アイプランナー F03(ベッドサイド)、IC01(ムーントリップ)
     
  • RIMMEL ワンダーキューブアイシャドウ パール ペールブルー

捨て色が出やすいパレットではなく、単色で本当に好きな色だけをもつのがこだわり

その日の気分に合わせて色を組み合わせられるし、持ち運びもしやすいです。
 

目移りしやすいメイクコーナーでも、excel(エクセル)のアイプランナーシリーズの棚をチェックするだけ。

…ですが、写真中央のRIMMEL(リンメル)のカラーは一目ぼれして買ってしまいました(笑)

くすみブルーの鮮やかさが本当にキレイで、毎日使っていても飽きないです。

好きな色だけをもつことで、新しいアイシャドウがすぐ欲しくなることもありません。

スポンサーリンク

 

最低限のミニマルメイクをおすすめする理由

ご紹介した通り、私はメイクの定番とも言われる以下のコスメは使っていません。

持っていないアイテム
  • ファンデーション
  • チーク
  • ハイライト、シェーディング
  • アイライナー、マスカラ
  • リップ(マスク生活の間)

これを見て「メイクが嫌いなの?」「我慢しているんじゃない?」と思う人もいるかもしれません。

しかし、私はメイクが大好きですし、今持っているコスメに大満足していると断言できます

最低限のメイクアイテムしか持っていないのは、やせがまんではなく、ちゃんとした理由があるんです。
 

時短になる

毎朝のメイク時間は15分程度です。

これだけ使うアイテムの数を絞ると、身支度の時間も自然と短くなります。

ササっと済ませてすぐ仕事や勉強に取り掛かれるので、貴重な朝の時間を効率的に使うことができます。
 

節約になる

こんな私も、一時期はコスメにドハマりして大量のお金を費やした時期がありました。

下地を5種類、アイシャドウは10種類くらい持っていたこともあります。

今はプチプラでも質の高いアイテムが次々発売されて、追究しだすとキリがないんです。
ワクワクしてどんどんお金を使っちゃいます(笑)
 

今では「使い終えるまで別のものは買わない」と決めているので、コスメ代が年間で1万円以下に抑えられるようになりました。

他に基礎化粧品や洋服代もあるので、コスメの費用はほどほどに抑えるほうが自分にとってストレスフリーです。
 

 

肌にやさしい

ファンデーションを辞めてから肌荒れの頻度が減りました

コスメの数を絞ることで、肌への負担や摩擦が減らせます。

マスカラやアイラインもしないので、クレンジングも比較的マイルドな種類のものを選べます。

肌荒れは睡眠時間や食生活も関わっているので一概には言えませんが、メイクの数を減らして良かったです。

スポンサーリンク

まとめ

以上、ゆるミニマリスト大学生の毎日メイクをご紹介しました。

  • 下地:FASIO エアリーステイマイルドUV
  • フェイスパウダー:Chacott フィニッシングパウダー マット
  • コンシーラー:無印良品 コンシーラースティックタイプ
  • 眉マスカラ:ettusais(エテュセ) アイエディション
  • アイブロウ:KATE デザイニングアイブロウ
  • アイシャドウ:excel アイプランナー、RIMMEL

「2軍」が無い、すべてお気に入りでおすすめのアイテムです。

本当に使う最低限のアイテムだけでも、こだわりを持てば心は満たされます

今回の記事でそれが少しでも伝われば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました