スポンサーリンク

【比較写真付き】100均黒ヘアゴムならセリアの絡まないゴムがおすすめ。切れにくくて繰り返し使える「ハードタイプ」

ミニマルな暮らし
スポンサーリンク

「伸ばしただけでプチっと切れる」

「種類が多すぎてどれが良いのか分からない」

「物足りないけど、まあ100均だし妥協…」

100均でヘアゴムを買って、こんな想いをしたことが何度もあります。
 

しかし巡り巡って、ようやく出会えました。

100均で黒の大容量ヘアゴムを探すなら、ダントツでセリアがおすすめです。

 
何がどう良いのか、実際の写真も交えながらレビューしていきます。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
この記事を書いた人
ごまふ

摂食障害&大学休学経験の21歳
暮らしも思考もミニマルにして生きやすさを模索する日々
読書とカフェ、ライフスタイル系の情報収集が大好き

ごまふをフォローする

100均セリアの「からまないゴム」がおすすめ

早速ですが、セリアのどのヘアゴムがおすすめなのか、具体的にご紹介します。

ご紹介するのはこちらの2つ。

「からまないゴムMサイズ」「からまないゴム ハードタイプLサイズ」です。
 

100均のゴムはラインナップが多くて悩みますが、私は迷わずこの2つを推します。

コスパの良さと耐久性の高さが、他のゴムとはケタ違いです。
 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

からまないゴム Mサイズ

最初に紹介するのは、ペタッと薄くて伸びが良いこちらのタイプ。

  • 内容量:80本入り
  • 材質:ポリウレタン
  • 製造:日本
  • おすすめの使い方:編み込み、ヘアセットなど細かいヘアアレンジに

日本製で材質がしっかり明記されているので、100均でも安心感がありますね。
 

特徴はビヨーンと柔らかく伸びるゴム質です。

編み込みやハレの日のヘアアレンジなど、たくさんヘアゴムを使いたいときにピッタリです。
 

小さいゴム特有の痛さも無いので、小さいお子さんにもやさしい使用感になっています。

 

からまないゴム ハードタイプ Lサイズ

一方、太くて文字通り硬そうなハードタイプ。

  • 内容量:55本入り
  • 材質:合成ゴム
  • 製造:韓国
  • おすすめの使い方:ポニーテール、お団子などしっかりまとめたい時に

いちばんの特徴は「まとまる力が強い」こと。

太く厚いゴムがキュッと縛ってくれるので、毛量が多くても解ける心配がありません。

髪が太い人や、ギリギリ結べるくらいの短めの髪でも、しっかりまとまります。
 

ゴムの本数は少ないですが、1本を2、3回繰り返し使えるのでコスパは悪くありません

スポンサーリンク

【写真で比較】ゴムの太さや特徴

パッケージだけでは分かりにくいので、それぞれヘアゴムを1本取り出して比較してみました。

左が「からまないゴム Mサイズ(通常タイプ)」、右が「からまないゴム ハードタイプLサイズ」です。

左:Mサイズ(通常サイズ)  右:ハードタイプLサイズ

見比べてみると、やはり通常タイプは薄くて細い、ハードタイプは厚くて太いのが分かります。

これだけ差があると、括ったときに目立たないのは通常タイプでしょう。

 

【耐久性比較】一度結んでみると…

一度髪を結んで、使ったあとの変化を比べたのがこちら。

伸びがよいぶん、通常タイプは使用前よりもゴムが大きく伸びて広がっていますね。

ハードタイプも伸びているものの、まだ使えそうな印象を受けます。
 

いずれも100均でありながら、伸ばすだけでプチっと切れることはありませんでした

スポンサーリンク

【レビュー】個人的おすすめはハードタイプ

(ここからは筆者である私自身の感想になります)

私は「からまないゴム ハードタイプLサイズ」を毎日愛用しています。

今まで色々な100均のヘアゴムを使ってきましたが、このハードタイプがいちばん耐久性があり解けにくかったです。
 

私は髪1本1本が太くて伸びるのも早く、セミロングくらいの長さのため、結んでもすぐ解けたりちぎれたりするのが悩みでした。
 

ハードタイプなら厚くて弾力があるため、太くて少ない毛量でもしっかりと結んでくれます
 

しかも使い捨てヘアゴムとは思えない丈夫さ。

1回で捨てるのがもったいなくて、長いときは3日連続で使います(隠しきれない貧乏性)
 

このヘアゴムに出会ってから、他の100均でヘアゴムを買うのは辞めました。

100均と言えど大事なお買い物ですので、ぜひご自分に合うヘアゴムを見つけてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました