スポンサーリンク

「まだ学生」家族割引の継続延長を頼んだ体験談。NHKふれあいセンターの電話がつながらないときは…

大学生のきろく
スポンサーリンク

2023年2月のある日、ポストにNHKさんからのハガキが入っていました。

ぺりぺりめくって確認すると「適用されていた家族割引が3月末で終了します」とのこと。

私は2019年の4月に入学をしたので、3月で大学を卒業したら家族割引の対象ではなくなります。
 

しかしここで問題が。

半年間休学をした私は3月に卒業ができず、4月以降もまだ大学生なのです。

「まだ学生なのに、4月から受信料が倍になってしまう…」

なんとかして家族割引の延長を頼めないだろうか…と動き始めました。
 

休学だけでなく、留学、留年、院進などなど、4年目以降も学生を続ける方へ、この体験談が何かの役に立てば幸いです。

 

この記事を書いた人
この記事を書いた人
ごまふ/立花智香

摂食障害&大学休学経験の21歳
暮らしも思考もミニマルにして生きやすさを模索する日々
読書とカフェ、ライフスタイル系の情報収集が大好き

ごまふ/立花智香をフォローする

家族割引を延長したいなら…電話が必要らしい

NHKさんによると、家族割引の対象となる条件は以下の2つ。

  1. 学生、単身赴任など、同一生計で離れて暮らす家族
  2. 別荘、別宅であること

4月以降も大学近くで一人暮らしのため、条件には合致します。

「新規契約」でも「解約」でもなく、「更新」や「延長」はできないか?と探してみたところ…
 

どうやら直接電話するしかないようです。

※すでに家族割引[学生]をご利用いただいている方で、在学等で引き続き家族割引をご利用いただく場合のお手続きは、恐れ入りますがNHKふれあいセンター(0570-077-077)までご連絡いただきますようお願いいたします。

引用:NHK 受信料の窓口 インターネット営業センターより

家族割引の契約手続きはネットでできるようですが、特例がある場合電話しか手段が無いようす。

しかし、ここからが大変でした。

  

平日昼間にかけてもつながらない…

いつ何時、何曜日にかけてもまったく繋がらないのです。

正確に言えば、いつかけても「ただ今たいへん混みあっております。時間をおいてお掛け直しください」の音声が流れました。
 

  • 平日の9:30や11:00、14:00くらいにかける
  • ナビダイヤルではなく、NHKふれあいセンターに直接かける
  • 音声案内の番号入力のパターンを変えてみる

などなど、色々試してみたのですが全部ダメでした。

電話しか手段が無いのに、このままでは家族割引が本当に終了してしまう…

 

対策:地元の放送局の営業センターへ連絡してみる

いつ何時にかけてもつながらないので、不安になって「NHKふれあいセンター つながらない」で検索。

似たような悩みをもつ方がたくさん見つかるなか、「ふれあいセンターにつながらない場合は、地元のNHK放送局の営業センターに直接問い合わせるといい」との情報が。
 

ためしに「NHK○○(ハガキの発送元の放送局名) 営業センター」で電話番号を調べ、平日の11時に電話をしてみました。

 

【拍子抜け】一瞬でつながった

NHKさん
NHKさん

はい、NHK○○局 営業窓口でございます

つながった…!!

何度かけてもオートマチックな音声案内しか流れなかったので、めっちゃ爽やかな女性の声が聞こえてきて驚きました。

 

ごまふ
ごまふ

学生の家族割引についてお聞きしたいことがありまして…

NHKさん
NHKさん

はい、こちらでお伺いしますよ!

ザワザワと忙しそうな雰囲気かと思いきや、全くそんなことは無く、とても親切そうな女性の丁寧な対応。

もしかしたら「NHKふれあいセンターにおかけください」と言われるのでは…と不安だったので、めちゃめちゃ安心しました。

 

ごまふ
ごまふ

学生一人暮らしの家族割引が3月末に終了予定なのですが
休学の都合で4月以降も学生を継続するので、延長していただくことって可能でしょうか…?

NHKさん
NHKさん

なるほど。学生を継続されるということですね。
お名前とご住所を確認させて頂いてもよろしいですか?

こんな感じてスムーズに対応いただいて、契約内容について確認してもらいました。その結果…

NHKさん
NHKさん

3月末で家族割引が終了しますので、ふたたび申請していただくことになりますね

ごまふ
ごまふ

あ、新規で申し込みし直すという感じでしょうか?

NHKさん
NHKさん

そうですね。在学証明書や学生証のコピーを放送局に送っていただければ、こちらでお手続き致します

とのことでした。

 

結論:延長ではなく再申請

どうやら家族割引は延長や更新ではなく、もう一度申請し直すようです。

それなら最初から電話なんて必要なかったのでは…?

休学、留年、院進などで学生を継続する場合の最適解は、「家族割引を再度申請する」ということですね。

申請しないと4月から受信料が倍増してしまうので、面倒ですが手続きをお忘れなく!

家族割引の申請方法はこちらをご参照ください。

NHK 受信料の窓口(インターネット営業センター)「家族割引のお手続き」

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました